うくれれギャラリー別館 志茂れれギャラリー(2)
志茂さんのうくれれはコア材がスタンダード仕様ですが
その他にもいろんな材料で、うくれれをつくられています
そんな少し珍しいウクレレたちや、うくれれを彩るヘッドインレイなどを紹介いたします



ちょっと珍しい、さまざまな木材のウクレレたちを紹介します

キルテッド・マホガニーモデル
高級ギターなどでまれに用いられる、キルト模様が美しいマホガニーのうくれれです
D−35スタイルの3ピースバックは、うくれれにも似合います


マンゴ・スタンダード
マンゴを用いてうくれれを作った日本人は、志茂さんが最初だと思います
コアに似ているトラ目が映える白い木地のうくれれは、とても軽いサウンドを奏でるそうです。


マンゴ・コンサート
こちらも、独特の模様が美しいマンゴのうくれれです
バインディングも、ココナッツのシェルを砕いたもので施され、とても良い雰囲気を出してます


ベアクロウ・スプルース&マカダミアン・ウッドの”SURF”
ベアクロウが入ったスプルースにマカダミアンナッツの木のボディという、意欲作です
トップ、ボディとも独特の模様がとても印象的で、サウンドもすばらしいです

(*バックのマカダミアンの木目は、ぼくの志茂レレの写真です)


ジャーマンスプルース&ハカランダ ”The SURF”
豪華にもクラシックギター材”三種の神器”(?)の、ドイツ松トップ、ハカランダボディ
スパニッシュシダーネックでつくられたうくれれです(IWAOさんの所有品です)



ウクレレにワンポイントを!個性を主張するヘッドインレイギャラリー
アバロニやパールなどの色とりどりのシェルや、ハカランダなどの木材から
時にはダイヤなどの宝石などをもちいて施される、さまざまなモチーフのインレイを紹介します



花をモチーフにしたもの

パイナップル、マンゴ、かえる、うくれれサーファー

ギタリスト、ハワイイメージ、レイ・カーネ、フラガール


ブーさん仕様のWネックうくれれギターを紹介します

Wネックうくれれギター”KAMINARISAMA”
Wネックギターや、Wネックウクレレも目立ちますが、これはさらにその上をいくインパクトがありますね
ブーさんが弾くギターにも、よくみると、きちんとサウンドホールがあいてます




はじめての志茂れれ
このうくれれのオーダーがきっかけで、志茂さんはウクレレを作りはじめました
記念すべき一本目が「5弦仕様」というユニークなところも、志茂さんらしいです



志茂さんの紹介コーナーへ

紹介したすばらしいウクレレを製作する、志茂さん紹介のコーナーです
工房の様子や、うくれれが作られる工程をご紹介します


*** this page is written 2001.06.03 ***


トップページへ